Loading

不育症を知ってください

MOVIE

「Most anticipated birthday -待ち望まれた誕生日-」

Most anticipated birthday
-待ち望まれた誕生日-

ABOUT

不育症とは、妊娠はするが流産や死産を繰り返して
生児が得られない(出産できない)状態と定義されている病気です。

一般的には、原因にかかわらず流産を2回以上繰り返すと不育症であるといわれています。

不育症に悩む妊婦の姿を捉えた動画
「Most anticipated birthday-待ち望まれた誕生日」は、
不育症の原因の1つである抗リン脂質抗体陽性の女性が、
お腹の中にいる赤ちゃんのために約400本のヘパリン注射を打つ様子を描いています。
妊娠の喜びよりも不安や心配と向き合う心境を、
1日1日リアルにスマートフォンで撮影した映像で表現しています。

この動画は、動画再生1回につき1円を「日本不育症学会」へ寄付され、
不育症に悩む妊婦の支援に活用されます。

※不育症の原因はさまざまです。
ヘパリンの自己注射が、全ての不育症治療に適合した治療ではありません。

NEWS

MESSAGE

登坂 淳一さん

私は49歳でパパになりました。
2019年に結婚し、1年以上の不妊治療、妻の2回の流産を経て、2021年に長女、翌年次女が誕生しました。娘たちを見ながら命の誕生は奇跡だとつくづく感じます。それは2回の流産、つまり不育症を経ているからこそ、より強く奇跡というものを思います。

妻の初めての妊娠では、着床した場所が良くなく、子宮外妊娠の一歩手前でした。ドクターは「何か原因があるはず」と、流産した際に採取したものを組織検査した結果、「不育症」の可能性があるとわかりました。2回目の妊娠では、母体に免疫を抑制する薬を投与し、一定の効果があったものの、ついには心拍を確認できませんでした。

流産は心身ともに大きなダメージを受けます。その理由が不育症によるものだと、言葉にならない重たい悲痛を感じます。私たち夫婦は不育症となってからの対応でしたが、これからの方には、まず不育症というものがあることを是非知って欲しいです。不育症は誰にでも起こり得るからです。

今回の不育症啓発プロジェクト「#不育症を知ってください」は、今不育症に直面されている方々の一つの支えになると思います。
このプロジェクトをきっかけに、少しでも多くの方々に不育症の実態を知ってもらい、不育症患者の方々への理解や思いやりのある行動が増える社会になる一助になることを心から祈念します。

SUPPORTER

日本不育症学会

この活動は以下の企業様、団体様にご賛同いただいております。

  • B STAND
  • 電球屋.JP
  • スパイスナビ
  • 水井装備
  • KALEIDO STYLE
  • 南平保育園
  • HORIZON HAIR
  • オルタナベース(AlternaBase)翻訳・通訳に関する最新情報
  • 翻訳会社・通訳会社のTMJ JAPAN
©2024 Goodman Service